特殊清掃の仕事に就く心構え

特殊清掃の仕事をするにあたり、どんなことに注意して取り組めば良いのでしょうか。

まず、「自分自身を守ること」と「周囲に対する思いやりの心」が大切だそうです。

病気などで孤独死した現場へ入る場合、そこにあるものに不用意に触れたばかりに感染症にかかる恐れがあります。

自分が感染症にかかれば、同僚や家族にも感染する恐れがあります。

現場に入る時には十分注意しなければなりません。

また、孤独死で長い間発見されなかった場合、悪臭が漂っていることが多いです。

参考リンク・・・http://okwave.jp/qa/q2315659.html

とにかく臭いを何とかしなければと窓や扉を開放してしまいますが、そうすることで悪臭を周囲の人たちにばらまいていることになります。

自分が「耐えられないほどの臭い」と感じているのだから、他の人たちも同じように感じるはずです。

特殊清掃は、近所の人たちには迷惑にならないような作業をすることがとても重要なのです。